週末のゲーム感想文

また、軽い感想文。最近このスタンス多いなー。ゲーム会自体は良
かったけど、プレイしたゲームのシステムはちょっと不満が多い感
想になってしまったな。評価の曖昧な、(私的には) 新作を中心にプ
レイしすぎのせいかもしれん。あと、今回プレイしたゲーム、全て
言語依存 0 であった。

『サンティアーゴ・デ・クーバ』
ワーカープレイスメント+ロンデル+『プエルトリコ』の出荷システ
ムみたいな感じで、寄せ集め的なゲームに思えてしまった。特出す
べきところはなく、淡々と進んでいく。ワーカープレイスメントの
アクションの効果も相手を攻撃する効果があったりと少しいやらし
い部分があるが、概ね分かりやすい効果が多い。ルールはかなりス
ッキリして見通しがよい。ただ、他人との絡みが薄く、ゲームシス
テム上の作業をひたすらこなしている様に思えてしまった。最もゲ
ームシステムが機能すると思われるMAX 4 人でプレイしたが終始地
味な印象。つまらなくはないけど、う〜ん、どうなんだろ? 『大聖
堂 果てしなき世界』もプレイしたことあるけど、なんだかいまいち
だった。この作者、合わないかも。

『乗車券 日本マップ/同人』
『乗車券』自体は、アメリカマップしかプレイしたことがなかった
ので良い機会だと思い、他のマップをプレイさせて貰った。とりあ
えず、全体的な印象はあまり変わらないかな。好きな人は好きなん
だろうと思うけど、ひたすら手札をため込んで、焦げ付く展開はど
うもなぁ。目的カードの得点の調整は比較的効いている (オリジナ
ルのアメリカよりは納得が行く) 様に思えたけど、全体的なシステ
ムがあまり好きになれないな。1 区画より 5 区画の方が明らかに
効率が良いものなぁ。単純な考えだけど、1 区画 (もしくは、2 区
画) 複数配置するためのアクションの工数を考えると、カード貯め
込んで一発 5 区画を引いた方が行動の選択的にも効率的にも、明
らかに有利と思えちゃうんだよね。その作戦が分かっていないと勝
てないと思うし、全員が分かっているとゲームの勝敗はカードの引
きに左右されてしまうだけのゲームに思える。比較的時間のかかる
ゲームだし、もう少し戦略性が欲しいところ。

『フォーチュナ』
『サンティアーゴ・デ・クーバ』と同じ作者。4人 MAX プレイ。
ゲームのシステム的に 4 人じゃないと機能しないと思われるので、
おそらくゲームの性能引き出したと思うけど、これはかなり辛いゲ
ームだ。ダイス+ドラフト+カードのコンボみたいな、また寄せ集め
のようなシステム。ダイスで良い目 [6] が連発して出ると止めよ
うもなく、結果、[6] を出していたプレイヤーが勝利。おまけにボ
ーナスカードの引きによる影響が大きく、ゲーム終了時のボーナス
カードも決してバランスが良いとは言いがたい調整。この作者、や
りたい事とシステムがかみ合っていない感じを受ける。

『6 ニムト』
最後に軽く 3 戦。良いゲームだなー。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)