また、ゲーム寸評

軽めの寸評。基本辛口ですわー。

『ザ シティ』
都合 2 回プレイ。初期手札でほぼ決まってしまうようなゲームに
思えてきたなぁ。狙ってコンボ決めるのも難しいし。まぁ、軽いゲ
ームなので、運の比重が高い。割と良いゲーム。

『陰謀』
トラップカードオープン。俺はこのターン XXX を発動するぜ。(
『遊戯王』) みたいなノリのかなり軽めのカードゲーム。基本は数
比べなのだが、特殊カードが満載過ぎて考えても仕方ない部分の方
が多い。基本は『カエサルとクレオパトラ』方式の数比べで、ほぼ
全部のカードが特殊カードで、おまけに伏せて出すというカオス仕
様。私は割と好きなゲームだけど、好みが分かれそう。多分、カー
ドの効果とか曖昧なままプレイした方が楽しめる。えぇー、そんな
効果あるんすかー?! マジっすかー。みたいな。

『新世界』
気になっていたゲーム。なんでも『マレ・ノストルム』の交易部分
だけ、抽出したようなゲームらしい。『マレ・ノストルム』は、た
しか 2 回ぐらい遊んだけど、やたら時間かかったゲームという記
憶。で、本作。う〜ん、ルールが色々ややこしい。細かいルールが
多いし、機能しているか良く分からないルールも多い。慣れると結
構楽める。得点のバランスも良さそうだし、カード交換のルールも
良くできてる。特殊カードは強弱がちょっと分かりづらいし、数も
多い。言語依存がないのがかなり救いだが、サマリー必須。カード
デザインは美麗。現代流のゲームデザインで、要素が多くごちゃご
ちゃしていてスマートではないが、割と楽しめた。

『リサイクル』
気になっていたゲーム。古き良き競りゲー。”パス”という機会が多
く腹の探り合いになりがち。カウンティングも利きにくく、相場が
読めない。そう言うままなら無さを楽しむゲームなのか? 思ってい
た (期待していた) よりは、ちょっとなんだかなぁ と思う機会の方
が多かったかなぁ。読み間違えると、逆転の目がないのが残念。

『バザール』
全く知らないゲーム。なんとシド・サクソン作。勝手に突然期待。
パズル系のゲーム。再販ものらしい。6 人 MAXでプレイしたが、自
分の手番がくるまでに、かなり状況が変わってしまうので、皆さん
当惑している様子。人数が少ない方が楽しめそう。私としては、序
盤 = よくわからん、難しすぎ。中盤 = 詰んだ。終盤 = 運で勝利。
というよくわからん流れに。

『7 Wonders (拡張無し/全員 A 面)』
7 人 MAX プレイ。私がルール説明するが、隣のプレイヤーが慣れた
プレイヤー (仮称 A さん) らしく、ちょっと色々と面倒な感じ。私
の引いたワンダーは、最弱のバビロン、A さんはロードス。更に追い
打ちをかけるように A さんの提案で、全員強制 A 面(泣)。仕方なし
に私は軍拡。結果的にはロードス相手に軍事で 17点とほぼ勝利。た
だ、なぜか木が回ってこず、バビロンのワンダーがほぼ作れず詰む。
個人的には、A 面か B 面は選択制の方が良いと思う。とりあえず、
凄く疲れた ^^;;

『ロイヤルターフ』
軽めのがプレイしたかったので、私の持ち込み。古き良きダイスゲ
ームだと思うけど、運ゲーの割にちょっと時間がかかるかなぁ。時
間的には半分ぐらいで良いと思う。

『サンファン』
久々にプレイ。日本語版。色々と忘れている。改めてプレイすると、
カードのバランスがかなり悪い。ハンドマネージメント系のゲーム
好きなので、補整がかかって割と楽しんでプレイ出来るが、後発の
ゲームの方が良い出来(主に『RftG』とか、『London』とか)に思え
る。拡張入れてもたいしてかわらんだろうし、軽くやるなら『シテ
ィ』で良いかと。オリジナルを作ったことは偉大だと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)