Android Netrunner デッキ晒し その5 [NBN]

『第1回 吹田アナログゲーム同好会』 で使用したデッキの公開。
まずは、コーポから。
Genesis #6 の Future Proof まで必要。

デッキ名:[NBN] the_genesis_deck

Identity:
NBN: Making News (Core)

Total Cards: (49)
Agenda (11)
AstroScript Pilot Program (Core #81) x3
Breaking News (Core #82) x2
Private Security Force (Core #107) x2
Project Beale (Future Proof #115) x3
Corporate War (Future Proof #120) x1

Asset (6)
Melange Mining Corp (Core #108) x3
Adonis Campaign (Core #56) x3 ■■

ICE (17)
Pop-up Window (Cyber Exodus #56) x3
Tollbooth (Core #90) x3
Wall of Static (Core #113) x3
Ichi 1.0 (Core #62) x2 ■■
Draco (What Lies Ahead #20) x3
Eli 1.0 (Future Proof #110) x2 ■
Viper (Cyber Exodus #52) x1 ■

Operation (10)
Closed Accounts (Core #84) x2
Hedge Fund (Core #110) x3
Midseason Replacements (Future Proof #116) x3
Psychographics (Core #85) x2

Upgrade (5)
SanSan City Grid (Core #92) x3
Research Station (Core #105) x2 ■

Total Agenda Points: 20

Influence Values Totals –
Haas-Bioroid: 13
Jinteki: 0
NBN: 38
The Weyland Consortium: 2

解説:
基本的には、Midseason Replacements から Psychographics を打ち、
大量のタグ付けから Project Beale に大量のアドバンス・トークンを置
きまくり、一気に得点することを狙う。

サブで SanSan City Grid から AstroScript Pilot Program を連打等も
用意しておいた。AstroScript Pilot Program x 3、Breaking News x1 の
伝統的なスタイル。

序盤の立ち回りは、とにかくクレジットを稼ぎまくる必要がある。大体
20 クレジットぐらいは必要だと思われる。また、信頼度の高い ICE と
して Tollbooth を 3 枚用意しているので HQ、R&D、アジェンダ開発用
のリモートサーバーへ貼っていく。基本的にリモートサーバーは、クレ
ジット回収用とアジェンダ開発用の二ヵ所のみ必要なので、手厚く守る
ことが可能なはずである。

アジェンダは 5/3 のアジェンダを採用していないので R&D をきっちり守
れば、いきなり負けることはないはずである。

アセットはトラッシュコストが安いのでなるべく R&D にアクセスさせない
様に立ち回る必要がある。できれば、早い段階で Melange Mining Corp
を設置して、どこかのタイミングで 2 – 3 回ほど起動したい。

SanSan City Grid は複数枚用意しているので多少はトラッシュされても構
わないし、手札から溢れるなら裸のリモートサーバーに設置するのも良い。
というのは、トラッシュコストが高いのでランナーのクレジットを削る事
が出来る。そうすれば、Midseason Replacements を打った時にランナー
への影響が大きくなる。

Research Station は、手札を抱えがちなので 2 枚用意した。とても重要
という訳ではないのだが、それなりに使えるので影響値も使って採用。

ICE はサブタイプをバランス良く組み合わせたので、序盤はそれなりに堅
牢なはずである。ただ、中盤から後半にかけては強度の高い ICE が、
Tollbooth のみなので、かなり不安が残る。

ただ、後半はアジェンダの開発は 1 ターンで済ますケースが多かったので
あまり問題ではないと思う。

補足として、Draco は強度 1 か 3 がコストパフォーマンスが良いのでお勧
めである。基本 1 が良い。内訳は 1 は、Ninja に有効。3 は、Femme Fatale
に有効。4 は、mimic に有効だが、ここまで足すとコストパフォーマンス
が悪い気がする。

とにかくクレジットを貯めれば良いのでプレイングもそれほど難しくなく、
相手によらず安定した動きをみせるのでなかなか気に入っている。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)