伝統ゲームについて

最近は、伝統ゲームをプレイしている。具体的には、『オセロ』と『クリ
ベッジ』。# 念のため書いておくと『オセロ』は運ゲーではないです。

アブストラクトはやっぱり避けて通れないので、ルールの簡単な『オセロ
』をチョイス。自分の思い込みって良くないもので、学生の頃に父親に教
えて貰った戦法が恐ろしく弱い戦法なのに改めて驚いた(当時はそれなりに
無双だった)。また、『オセロ』は、ツールも色々整っているのでプレイし
やすい環境にあるのも良い。逆転も起こる時もあるし、打つ手の選択がか
なり多いのも良い。また、確実に 60 手で終わる所が収束性が良くてすご
く良い。

『クリベッジ』は、ルールは『オセロ』から比べるとややこしいと思うが、
おそらくそんなにすごい深いゲームではない (それでも、それなりに戦略
性があって面白いゲーム) と思う。手役やクリブのギャンブル性とプレイ
の戦略性のバランスが良いので面白い。また、ディーラーが基本的に強い
のだけれど、交互に行うためにバランスは取れている。121 点で終わると
言うところがミソで、大体接戦になる。色々な要素がかみ合っていて、伝
統ゲームながらなかなか侮れない。いや、それどころか素晴らしいゲーム。

アレコレ新しいゲーム手を出すより、研究の効くゲームの方が良いのかな
とも思えてきた。まぁ、自分の研究はたかが知れているけれど。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)