世界の七不思議:指導者たち

世界の七不思議:指導者たち(7 Wonders: Leaders)
7 Wonders: Leaders

とりあえず、良い拡張だと思う。5-6 回ぐらいプレイした感じでは、かなり
楽しめた。根本的に何かが変わるわけではないので、オリジナルを飽き
た頃に追加するのが良いと思う。

追加要素としては、指導者カード 30 数枚と新 Wonder “Rome” とギ
ルドカード 4 枚となっている。その割に価格がオリジナルの半額ぐらいの
設定なのはかなり強気の価格設定と言えるだろう。グラフィックは相変わ
らず綺麗で雰囲気満点。カッコヨイデザインが多く Good。

メインとなる追加要素の指導者カードは、時代 I の前にドラフトを行って
4 枚獲得する。そして、各時代のプレイの前に 1 枚ずつプレイが出来る。
なので、4 枚の内 3 枚を使うことになる。

基本的には指導者カードを通常プレイする方が強いはずなので、そこに絞
って書くと各指導者の能力は全てバラバラである程度慣れが必要だと思
われる。ただ、能力の系統が多い訳ではないので、なんとかなるレベル。
効果も凄く独特なものは無く順当な作りで、バランスもまずまずではないだ
ろうか。コストはお金を支払って雇う事になる。

お金の意義が増えたことと全体を通してのプレイの指針が必要になったの
で、良いと思う。オリジナルの場合は、その都度その都度の判断の比重が
高かったので、全体の見通しが余り良いとは言えなかった(慣れるとそうで
もないけど)ので、特に時代 III の運ゲー度がかなりのものだと思えた。い
や、楽しいんだけどね ^^;;

勝利点で言うと、オリジナルから見てざっと + 10〜15 点増える感じ。あと
は、この拡張 GIZA B と相性が良すぎな気もしている。ただでさえ、GIZA
B は強かったのにこの拡張との相性も良く、80 点越えする事もあった。

Rome はまだ1度しか(Rome B)試していないが、うーん、だいぶ強く感じ
る。高コストの指導者カードは Wonder の持つ効果よりかなり強く思える
ので、指導者カードを複数プレイ可能な上、Wonder 自体の 6 点も乗るの
で、大分強くないか? という感じ。Babylon B の 3 点+特殊効果 2 個 (し
かもいまいち) から見ても強めの調整に感じた。

とりあえず、Wonder Board は良く協議の上決めた方が良いと思う。下手
すると A 面の方が良い時もあると思うし。どちらにしろ、ゲームの特性上トッ
ププレイヤーを叩くことは、メリットが薄い(自分も凹む可能性が高く、その他
のプレイヤーを助ける事になるケースが多い)ので、独走してしまうと相変わ
らず手が付けられない。

なんだか、バランスの話題ばかりになってしまったが、ゲーム自体は良い拡
張だと思うし、既存のプレイに幅が出るのは確か。ちなみに、追加されたギ
ルドカードはかなり良かった。

友人らの評価は、面白いと言う評価と、まずまず順当という評価に分かれて
しまった感じ、つまらないと言う人はいなかった。ただ、オリジナルを初めて
プレイした時ほどの感動は無いとのこと。そう言うところは、続編って難しいよ
ね。ビデオゲームで言うところのスト2 がスト2″ とかスト2 ターボになったよ
うなものだからなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)