カタン 新カードゲーム

カタン 新カードゲーム(Struggle For Catan)
Struggle For Catan

とりあえず、言語依存があるので英語版を買った。日本語訳は、ドイツ語
版を日本語訳にして頂いたサイトをベースに英語の pdf と読み比べて、
適当に書き直した。(大体1時間ぐらい)

3人でプレイ。感想は、結構良かった。個人攻撃可能 (一応対象相手は
任意に選べない) なので評価が分かれそうな感はあるが、カードゲーム
としては良くまとまっている様に思えた。

ゲームとしては、カタン語を使った別ゲームという感じで、『ドラクエ』で言
うところの『トルネコの不思議なダンジョン』的なスピンオフ作品に近いだ
ろう。

ゲームの目的は 10 勝利点を得る事で、手札となる資源を色々組み合わ
せて色々な建物等を建設していく系の拡大再生産ゲーム。ルールの中に
色々とカタン語が散りばめてある。永続的な特殊効果を得るためには、3
段階もステップアップしなくてはならないため中々大変である。そのため、
永続的な特殊効果のある建物をバンバン建てることが出来ないので、あ
る程度選定が必要。

気楽に建てることが出来るのは、道と騎士であるがこちらは枚数がかぎら
れており、場に無くなった場合はプレイヤー間で取り合いをするという殺伐
仕様となっている。

また、道と騎士は効果(効果は累計する)と得点が順番に得られるようにな
っている。A,B,A,B… と表面と裏面を使用し、交互にカードを得る。すぐに
得点に結びつくわけではなく(B面のみ得点となる)、相手に奪われる可能
性もあるため、不安定な存在である。道と騎士のカードとしての効果はかな
り重要で全く無くなると、相当辛いプレイを強いられる。

道や騎士の取り合いばかりするようなプレイになってしまうと長時間化してし
まう様に思うので、基本的には次に述べる建物を中心に得点源にする方が
良いと思う。

一方の特殊効果のある建物へのステップは、集落 => 都市 => 都市の拡
張 となっていて、都市の拡張で永続効果のある特殊効果を得る事が出来る。
育成に時間がかかるが、かなり強力な効果となっており無視の出来ない存
在である。

そんなカード類を建設しながら、ゲームは進んでいく。インタラクションはそこ
そこある方で、プレイしたテイストも現代風な感じにまとめてあり、多少理不尽
に感じるルールがあるように思えるが全体としては手軽で良い感じにまとまっ
たゲームに思う。

オリジナルの『カタンの開拓者』のように初期配置にそれほど変化があるわけ
ではないので、凄い深いゲームではないが気が向いた時に適度に遊ぶ分に
はよく出来た良いゲームだと思う。滅茶苦茶軽いゲームではないのである程
度なれた経験者向けだろう。個人的は、価格も安かった事もあり満足度は高
かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)