髑髏と薔薇について

以前プレイした『髑髏と薔薇』であるが、そもそも誤ったルールで遊んでいた
ことが分かった。

挑戦を行うプレイヤーは、自分のタイルから挑戦を宣言した枚数分めくった後、
他のプレイヤーのタイルをめくる必要があるとのこと。
と言う事は、得点を得ようと思うと薔薇を積極的に狙う必要がある。相手をは
める必要がある時だけ髑髏を選択すれば良い と言う事になる。ナルホド、得
心がいった。たしかに、これならキチンとルールが機能している。了解である。

ボードゲームの話 – 部屋とボードゲームと私と酒と泪と男と女

ちなみに、自分がプレイした時は、挑戦を行うプレイヤーは任意(自分含む)の
プレイヤーからめくって宣言分タイルをめくると言うような説明(HJ ルールともま
た違うルール ^^;;)を受けたので、手番プレイヤーから遠い場合は髑髏一択
と考えてしまった。初手髑髏があまりに強すぎる と思えてしまったのだ。おそら
く付属の和訳ルールが分かりづらいんでしょうね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)