bola『SOUP』

SOUP

アンビエント初心者向けには鉄板らしい bola の『SOUP』を購入してから
1年ぐらい経つが飽きずに聞いている。最近連発しているが名盤だ。

まず、アートワークが素晴らしい。(第二版らしいが) 次に、日本人がどう捻
っても作れないサウンドなのが良い。自分は、音楽に関しては非常にコンプ
レックスがあるので外国製の音楽に対して妄信的なのである ^^;;

Tr4. Forcasa 1、Tr5. Forcasa 2、Tr6. Forcasa 3 は特出して完成
度が高い。曲のテンポは早すぎず遅すぎず、浮遊感があり、空間的なサウ
ンドで包み込まれるようで、ロマンティックで、それでいて静謐で理性的な…
兎に角、アンビエントとはこうあるべきで、まさに具現化したサウンドである。

どんな曲だったかとおもいだそうと思うと、中々思い出しづらく、それでいて
再生すると非常に心地良い。たとえるなら、ラジオのような位置づけか。押
すでもなく引くでもなく、それでいてしっかりと自己主張があって、再生する
と心地良い時間が過ぎていく。最近、そんな音楽がとても楽で良い。

あまりに強烈なメロディラインはどうも”聴く”事を強要されているようで辛い
のよね。音楽が聴きたいと言う比重より、心地良くて耳障りの良い BGM
が欲しいだけなのかも知れないけれどさ。

まぁ、兎に角上記のようなサウンドが数ある中でも、『SOUP』は格別の出
来だ。まー、当時(90年代)タケノコ族のように生まれまくったイージーリス
ニング系の音楽とは1味も2味も違う。うん、多分違うのだ。

良くたとえられるのは、深海系音楽とか言われているらしい。たしかに、自
分と向かい合うには良い音楽である。テクノ(アンビエント)は、繰り返しが
多くミニマル的な音楽だ。どこかの作家が、母親の羊水に浸かっているよ
うなそんな体内の鼓動が聞こえてくる様な原始的な感覚を刺激される音
楽である と言うような事を言っていた。言い得て、妙である。

Bola – Forcasa 3


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)