ルール整理

購入したゲームのルールを色々整理中。

Goa(ゴア)
少し古めのゲームのため、最も大変だった。インドのゴア地方がテーマのよ
うで香辛料の輸出が目的っぽい感じの競りゲー。とりあえず、半日かけてサ
マリーを完成。ルール読んだ限りだと、これ面白いのか? という感じ。変に複
雑で怪しさ満点。特殊効果満載な所とドーン歩きがあるあたりが特徴か。ド
ーンは意味があるのか無いのか分からない特殊効果が多すぎる。とてもスマ
ートな作りとは言い難いゲームが多い。方向性が色々ありすぎでバランスも
これ大丈夫か? という感じ。『ゴア』は中でも評価が高かったので、昔から欲
しかったのだが、999 Games の輸入版/再販版を漸くゲット。(ざっくり、7年
ぐらい?) ほぼ言語依存0。

Vinhos(ヴィニョス)
2010年末の新作。ルールはかなり複雑で、解読(まさに、古文書を読むとい
う感じ)に時間がかかった。美味いワインを作るゲーム。要素はかなりごちゃご
ちゃしているものの、ルールの納得感はかなり高い。また、ボードがかなりシ
ステマティックに出来ており言語依存度が0に近い所が好感が持てる。非常
に実験的で意欲的な作品に思えた。ルールの説明は相当大変そうだが、理
解すればすんなりプレイできそうな感じ。これも特殊効果が兎に角満載。ぱっ
と思いつく範囲では、毎年(毎ラウンド)天候によってワインの出来映えが変わ
る。(素晴らしい!) 倉庫/貯蔵庫に長年寝かせたワインは美味い(ポイントが高
い/素晴らしい) 産地によってワインの特性が変わる。(ありがちだが良い)
ワインソムリエ(3人登場)が好むワインを作ると評価を押し上げる事が出来る。
ワイン品評会で良いワインと認められる(判定基準は、香り、味、見た目、アル
コール度/芸が細かすぎ)とポイントが高い。(『フィレンツェの匠』的な…) 海外
に輸出可能。 当然、国内のお店にも出荷可能。 銀行預金と言う概念があり、
売ったワインの儲けは直接収入とならず、銀行に補完される。投資も出来る。
(何がなにやら) ワインの宣伝(ワイン品評会に向け先行投資)も出来る。
という感じで、すげー、ごちゃごちゃしたゲーム。でも、テーマとデザインが非常
にマッチしていて読むとかなり面白そうなゲームなんじゃないか と思える。あと
は、得点周りがバランスが良ければ完成度の高いゲームっぽい。

ファクトリーマネージャー
興味なかったが、安かったので買ってしまった。駄目なお金の使い方ですね。
いくつかのリソースを組み替えて、拡大再生産を目指す典型的な経済ゲーム。
ルールを読む限りではかなりシンプルな作りで、『電力会社』のような脱落者
救済の要素がなく1ミスがかなり響きそうな感じ。時間は、1時間以内で収まり
そう。言語依存0。

砂漠を越えて
クニーツィアの古典ゲーム。(と言って差し支えないだろう) FFG の再販版に
HobbyJapan が日本語訳を付けたもの。言語依存0。みんなでやる囲碁み
たいな感じかな? ルールを読む限りでは、結構面白そうだ。時間も1時間以
内で終わるようだし、シンプルなルールで研究がそれなりに効きそうな感じ。


ルール整理」への2件のフィードバック

  1. こんばんは。

    『ファクトリーマネージャー』は、箱にはプレイ時間60分と書いてますが、どうしても考えるので120分はゆうに超えますw。
    でも面白いゲームですよ。何度かプレイしてますが、私の評価は高いです。

    『砂漠を越えて』は、初心者にもお勧めの名作ですね。
    実際はかなりのガチゲームですが、やることがわかりやすいし、時間も短い(こちらは60分で終わる)ですので。

    『Goa(ゴア)』なんかも複雑ですが、自分でルール整理するよりは、オープンゲーム会では知っている人も多いので、インストしてもらうのが一番楽ですよw。

  2. >>いわたさん
    コメントどうもありがとうございます。
    返事が大分遅れてしまいました。
    「FM」は、確かに60分では終わらないですね。
    思った通り、かなりシビアなゲームでした。
    序盤でミスすると、挽回は難しい感じでした。

    『砂漠』は、ガチゲーでしたね。結構良かった
    です。

    『ゴア』は、まだ未プレイです。

    『ヴィニョス』は、良いゲームだとは思います
    が、トップ目を叩く(防ぐ?)手段が無いのと、
    誰が勝っているか分かりづらいゲームでした。

    平和な経営ゲームと考える方が良いのかもしれ
    ないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)