色々寸評

疲れたので、長文書く余力無し、色々寸評。

カエサルとクレオパトラ
アクションカードを日本語化していたのでプレイ感は良
好。ゲームの内容は、基本読み合いなのでかなり疲れる。
しかも、1対1のガチ勝負なので、相当精神的な疲労感が
ある。評価されたゲームなだけあって完成度は高い。た
だし、逆転は難しいので、真面目に勝負したい人向け。

頭脳絶好調 – トラベルエディション
オリジナルは1-4人用だが、こちらは1-2人用。
ゲームとしては、チグユーの得点方式を採用。チグリスユ
ーフラテスを持っているので、買い悩んでいたが、旅行用
と言う事で購入決定! まず、持ち運びやすく、ゲームもコ
ンパクトにまとまっているので、場所を取らないのがかな
り良い。内容は、アブストラクトゲームなので、合わない
人はわないかも…個人的には、かなり面白く、時間もかか
らなく、プレイする度に発見があり、良ゲームとして認定。
完成度高し。

ボトルインプ
数年前に買って、一度プレイして意味が分からないゲーム
としてクソゲーに認定されたゲーム。ゲームの仕組みをキ
チンと理解した (最近トリックテイキングに凝っている)
上でプレイするとかなり完成度の高いゲームである事に気
付いた。3人プレイ専用っぽいが、このゲーム特有の独特
の緊張感があり、また駆け引きもかなりアツい良いゲーム。
3人プレイは良く困るので、丁度良いゲームである。また、
1回のプレイもそれほど時間がかからず、飽きたらやめれ
ば良いというルール(正式には 500点だが)を採用している。

マインツ from 4in1
相当な変態トリックテイキング。元々は、『ウィリー』と
いうゲームがオリジナル。元のルールを読んでみたが、全
く変更無しの模様。3人専用っぽい。3人でプレイすると
NPC(オリジナルは、ウィリー君 / 4in1 ではカードモンス
ター)が4人目のプレイヤーとして参加する。これが良くで
きていて、読みが外れてゲームに起伏をもたらしていて大
変面白い。また、トリックテイキングを基本としながら、
これでもかとルールをいじっているあたりの変態っぷりが、
ナイスな作りである。キチンとゲームとして成立している
あたりも、完成度が高い。まぁ、ルールを聞いた時点では、
自分も含め (?_?) という感じなので、徐々にゲームの仕組
みが分かってくるところも良い。

ニエット from 4in1
まず、チーム戦というのが良い。トリックテイキングの前
にメタ的なビット(どれを切り札にするか、だれをスタート
プレイヤーにするか等々)を行う多重構造のゲーム。変態
ナポレオンが近いか。ちなみに、これがきっかけで、ナポ
レオンを 10 年ぶりぐらいにプレイした。ゲームとしては、
結構面白い。また、駆け引きも結構アツく、繰り返しプレ
イに向いている。ナポレオンと同じく 5 人がベストだと思
われる。
(オリジナルは 4人までらしいが)

ドラゴンイヤー
爽快感 0 のかなりのマゾゲー。一部のゲーマーにかなり好
評。個人的には、好きな部類のゲーム。長期的な計画が必
要で、運の要素がほとんど無い。他人との絡みも薄めなの
で逆転の要素は皆無。また、最近流行りのゲームで、やた
らと得点を得る方法があり、毎ターン各プレイヤーに自動
的に負荷がかかるシステムになっている。また、全てを把
握する頃にゲームが終了しているので、もう1回となりやす
い(?)ゲーム。とにかく、色々な戦法が取れるので、毎回発
見がある様に思う。最善手が見えた時点で飽きそうな感は
あるが(笑)

ピット
対応人数が幅広く、兎に角分かりやすいルール。しかも、
盛り上がる上に、笑いが取れる傑作交渉ゲーム。

グリード
久々にやったが、面白い。ダイスゲームの傑作。ルール的
には 1 人でプレイするのも、多人数でプレイするのも大し
て変わらないのだが、多人数でプレイすると、なぜか面白
い!

というわけで、勢いで書き殴ってみた。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)