Nuages Du Monde

13th

Delerium 13th Album。2006年作。毎回ジャケットのセンスが良い。

買ってから放置していたのだけど、たまたま聴く機会があって聴き直
して見ると、凄く良い。いや、ビックリするほど評価が変わってしま
った。Delerium の中でも好きな『Karma』や『Poem』の路線 (聖歌
や民俗音楽などのサンプリングを用い、怪しいタブラのパーカッショ
ンが鳴り響く様な音楽 ^^;;) に変更すると言っていたので、聴いて
みるとサンプリングは少ないし、怪しい雰囲気もあるものの全体を支
配していない。むしろ、女性ボーカルの入った曲なんかは売れ線ポッ
プスよりで、なんか違うんだよなー。贅沢なファンの願望なのか と
勝手に非常に残念に思っていた。

ただ、今聴き直して見ると、過去の路線とは確かに違うものの、サウ
ンドの使い方が土着的なものから、神聖系? に変わった様に思え天界
のサウンドの様な妙に神がかった美しさが有る様に思えた。また、艶
っぽい感じであったり、コケティッシュな歌回しの女性ボーカルを多
用しており、全体的に官能的で恍惚感を味わえる様なサウンドになっ
ていると思う。

インスト曲とボーカルものの曲の作りにかなりギャップがあるので、
すこし荒っぽい構成のように思うが、1曲1曲の完成度はなかなかに
目を見張るものがある。個人的には、#1 Angelicus , #11 Apparition
が良かった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)