ゲーム買いすぎ。

うーむ、12 月はゲーム買いすぎだ。消化できるか。
年末年始もあるし OK かな。

– Race for the Galaxy : The Gathering Storm
『Race for the Galaxy』 の拡張第 1 弾。なかなか売ってな
かったが、オークションでやっとゲット。プレイヤー間のイン
タラクションが増えたらしい、楽しみだ。
– Yspahan
Ystari Games。人気もあったし、とりあえず押さえておくか
と。ちなみに、PC 版は全然やらなかったな。なんか味気なか
った。ルールの把握も曖昧なままやってた。
– BUNGEE
傑作『ダイナマイト』の作者らしい。何となくクソゲーっぽく
て敬遠していた。『ダイナマイト』の作者なら間違いないと思
い購入を決定。
– Middle Kingdom
『Race for the Galaxy』 の作者の新作。販売元は、最近話題
の Z-man Games。ざっと把握した感じでは、多分、間違いな
いだろう。

『Race for the Galaxy』の作者 Tom Lehmann は特殊効果
(or 能力) のやたらと多いゲームが多いが、それがきちんと味
付けになっているように感じたので、最近、良いデザイナだな
と思ってる。全体的に、ゲーマー向けのゲームが多いかな。慣
れてくると、面白いと思える。ちなみに、ゲーム始めたての頃
は、Reiner Knizia が好きだったが、今ではクソゲーも多い気
がしている。最近では『交易王』は面白かった。R.Knizia は最
近あざといゲームが多くて敬遠気味。ネタの使い回しが多すぎ
な気がする。Michael Schachtは、うーん、微妙。結局、ゲー
ム的なエッセンスは 2 択だけかと。2 択を考えるのが上手いデ
ザイナという感じ。Wolfgang Kramer は、ドイツのゲームデ
ザイナという感じでそつがなく、運と戦略のバランスが良いゲ
ームが多い。全体的にゲームのシステムも好きな設計だな。
Uwe Rosenberg は、奇抜なゲームが多いがやってみると良い
ゲームが多い。初心者も入りやすいし、飽きにくいゲームが多
いと思う。他もあるけど割愛。

参考 URL
tgiw – デザイナ別ゲーム紹介


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)