EXAPUNKS 問題文の日本語訳

Zachtronics の新作パズルゲーム『EXAPUNKS』がアーリーアクセス発売されました。私家訳ながら問題文の方を和訳してみました。若干意訳がふくまれているので精度が甘いかもしれません。指摘歓迎。
注意: 私の進行具合によって更新頻度が変わります。

更新履歴:
2018/08/15 – ステージ24,25追記
2018/08/16 –  参考リンクに海外 Wiki 追記(全ステージ数が確認可能)

参考リンク:

『EXAPUNKS』EXAランゲージ・リファレンス・ガイド日本語訳
『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~03pまで
『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~07pまで
『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~11pまで
『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~13pまで
『EXAPUNKS』PDFマニュアル1冊目の簡易訳~17pまで
『EXAPUNKS』 海外 Wiki ミッションリスト

チュートリアル1~4
Trash World News の 8 ~ 11 ページを参考にコードを書く。


以下問題文の和訳

* チュートリアル1 *
@ 説明 @
– File 200 を outbox に移動しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace) を要求する。これは最も多い課題である。対象のネットワーク内からいかなる EXA や無関係な file を排除してはならず、目的の要求で指定されない限りネットワークにいかなる変更も加えてはならない。
– 1冊目の pdf の “Ghast Walk U Thru It”を読みなさい。
@ 目的 @
– File 200 を outbox に移動しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* チュートリアル2 *
@ 説明 @
– file 200 の最初の2つの値を加えなさい。その結果と3つ目の値をかけ算しなさい。その結果から4つめの値を引きなさい。最終結果を file の最終項目に付け加え、file を outbox に移動しなさい。
– “SHOW GOAL” ボタンがあるのでそれを押せば (F1)、完了した目的が確認できる。
– 1冊目の pdf の “Ghast Walk U Thru It”を読みなさい。
@ 目的 @
– file 200 の最後に正しい値を付け加えなさい。
– file 200 を outbox に移動しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* チュートリアル3 *
@ 説明 @
– file 199 には2つの値 (キーワードと数値) が含まれている。outbox で新たな file を作成し、それらの2つの値を (数値が一番初めに来るように) 入れ替えたものを作成しなさい。それが終わったら、file 199 を消しなさい。
– 1冊目の pdf の “Ghast Walk U Thru It”を読みなさい。
@ 目的 @
– outbox で目的の file を作成しなさい。
– file 199 を消しなさい
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* チュートリアル4 *
@ 説明 @
– file 200 は N という1つの数値が含まれている。outbox で新たな file を作成し、N から 0 まで降順になるように並べなさい。それが終わったら、file 200 を消しなさい。
– 1冊目の pdf の “Ghast Walk U Thru It”を読みなさい。
@ 目的 @
– outbox で目的の file を作成しなさい。
– file 200 を消しなさい
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ1 Eucild’s Pizza – Order System *
@ 説明 @
– あなたの注文 (file 300) を注文リスト (file 200) の最後に付け加えなさい。
– あなたの注文も含み、全ての注文は 5 つのキーワードで構成されていいる。
@ 目的 @
– 注文リストの最後にあなたの注文を付け加えなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ2 Mitsuzen HDI-10 – Left Arm *
@ 説明 @
– 中央神経システム (CNS) に接続し、その値を読み取りなさい。そして、接続されたあなたの腕 (ARM) に転送しなさい。ただし、転送先の値は -120 以下か 50 以上になってはならない。それを繰り返しなさい。
– このパズルはあなたの制御するネットワークの内側の位置する。 “それは、あなた自身の体内を指す” 痕跡を残さない (leave no trace) の必要は無い。あなたの EXA は、無限に動作する必要がある。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Distributed Network Programming with EXAs” と “Debugging the Phage” に書かれている。
@ 目的 @
– 全ての神経信号を指示通り30回コピーしなさい。

* ステージ3 Last Stop Snaxnet – Factory 11 *
@ 説明 @
– ピーナッツ爆発レシピ (file 237) から file 300 (“Peanuts”) というキーワードを除去しなさい。
– 100 テストランそれぞれごとに異なる位置に対象のキーワードは出現する。”TEST RUN” が表示された所にある矢印のボタンをクリックすることで、異なるテストランを確認する事ができる。
@ 目的 @
– 説明の通りにレシピを修正しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ4 Zebros copies – Point-of-Sale System *
@ 説明 @
– 顧客データベース (file 200) にある Ghast の残高を 0 にしてコピーショップの借金を消す。今日の日付と Ghast の事前の残高ぴったりを支払ログ (file 201) に支払分として追記する。
– Ghast の顧客 ID は file 300 に書かれている。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Network Exploration: Digicash Point-of-Sale Sysyems” に書かれている。
@ 目的 @
– Ghast の残高を 0 にする。
– 該当する支払を作り出す。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ5 Sfcta highway Sign #4902 – Remote Access Interface *
@ 説明 @
– 高速道路の標識へ Ember-2 のメッセージ (file 300) を書き込みなさい。
– この file は、標識の左から右、上から下の各位置に1文字が含まれている。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Hardware Hacks: Electronic Highway Signs” に書かれている。
@ 目的 @
– 高速道路の標識にメッセージを書き込む。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ6 Unknown Network 1 – Unknown Context *
@ 説明 @
– ネットワーク内にある file 276 を見つけて、あなたのホストまでそれを持ち帰りなさい。
@ 目的 @
– file 276 をあなたのホストに移動させろ。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ7 UC Berkeley – EECS Department *
@ 説明 @
– 指定されたホスト(tape-1, tape-2, tape-3)を見つけ出し、そのホスト(file 200) の中にあるテープバックアップファイルから、指定された文字(ロシア文字)を見つけ出しなさい。そして、あなたのホスト上にエントリーデータが含まれたファイルを作りなさい。
– 対象ホストの名前は、file 300 に書かれている。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Accessing Data in Legacy Storage Systems” に書かれている。
@ 目的 @
– あなたのホストに指定されたファイルを作りなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ8 Workhouse – Work Management System *
@ 説明 @
– users ホストにある Ember-2 のユーザーファイルを見つけ出し、各値が $75 を越えないように、元々の合計値と一緒になる様に上書きしなさい。最後を除き、全値は最大値 ($75) である必要がある。これを達成するために(最後の値として)追加の値を加える必要がある。
– Ember-2 のユーザー名は file 300 に書かれている。
– Ember-2 アカウントは常に $10000 未満の合計値であることに注意してください。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Network Exploration: Workhouse” に書かれている。
@ 目的 @
– 書かれている通りに Ember-2 のユーザーファイルを上書きする。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ9 Equity – San Francisco *
@ 説明 @
– 全ての接続された ATM から全ての利用可能な現金を引き出しなさい。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Network Exploration: Equity First Bank” に書かれている。
@ 目的 @
– 5回分全ての ATM から全ての利用可能な現金を引き出しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ10 Mitsuzen HDI-10- Heart *
@ 説明 @
– 中央神経システム (CNS) に接続し、その値を読み取りなさい。”SHOW GOAL” ボタンを押している間確認できる HDI-10 I/O ログに占めされた値で洞房結節 (SA-N) と房室結節 (AV-N) に連続した値を書き込むことで、あなたの心臓の鼓動を作り出しなさい。それぞれの連続した値の長さは、CNS の値を -10 で割った値となる。それを繰り返しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace) の必要は無い。あなたの EXA は、無限に動作する必要がある。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Debugging the Phage” に書かれている。
@ 目的 @
– 全ての神経信号を指示通り60回コピーしなさい。

* ステージ11 Trash World News – Unknown Context *
@ 説明 @
– Ember-2 に従い ターゲットメッセージ (file 212) にあるキーワードを見つけて書き換えなさい。
– キーワードリストの組は file 300 に書かれていて、対象となる文字列と置き換える文字列で構成されている。例えば、キーワード AI は、 COLLECTIVE に置き換える。各キーワードは一度だけ出現する。ただし、順番は任意の順で出現する。
– 終わったら file 200 を outbox に置く。
@ 目的 @
– 対象ファイル内のキーワードを見つけて書き換えなさい。
– file 200 を outbox に置く。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ12 KGOG-TV – Hacker Battle *
@ 説明 @
– この戦いで勝つためにはあなたの映像が相手よりも長く再生される必要がある。映像ファイルが channel ホストにただ一つだけ存在する時、映像は再生されるだろう
– あなたの映像(file 210, 211)が再生される事で1 ポイントを得る事ができる。
– あなたの映像ではないファイル(file 230, 231, 265)をあなたがコントロールする EXA が持つか、あなたのホスト[デフォルトだと Rhizome]に置かれることで1 ポイントを失う。
– あなたの EXA が kill を発行することで1 ポイントを失う。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Hacker Battle Domination” に書かれている。
@ 目的 @

* ステージ13 TEC REDSHIFT – Development Kit *
@ 説明 @
– 未確認の3桁のコード (例えば 4-7-3) があり、#PASS に正しい値を1桁ずつ入力すると、debug と secret の間のリンクが開放される。3桁の解除コードを見つけ出し、あなたのホスト上にコードの並びと開発キットの RDK ID を付け加えたファイルを作りなさい。
@ 目的 @
– あなたのホストに指定されたファイルを作りなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ14 Digital Library Project – Patron Access System *
@ 説明 @
– 本は、コールナンバーの上 1 桁が合致するホストに保存されている。また file ID は、コールナンバー下 2 桁 + 200 となっている。例えば、ブック 512 は host 500-599 の file 212 として保存されている。
– Ember-2 が要求する本を複製し、あなたのホストに持ち帰りなさい。
– Ember-2 が要求する本のコールナンバーは、file 300 に書かれている。
– Ember-2 は同一ホスト上から1つ以上の本を要求することはない。
@ 目的 @
– あなたのホストに指定されたファイルを5回作りなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)
※ 補足: host 100-199 以降の奥に進むには link 800 で進める。戻る場合は、link -1 で OK。

* ステージ15 TEC EXA-Blaster Modem – Radio Station *
@ 説明 @
– ラジオステーションに接続し、他のコンテンツを変更することなく、各プレイリスト (file 200) の最初に ME2U(file 300) が作成した CAN’T(NOT) GET OVER YOU を挿入する。
– ラジオステーション用の電話番号リストは file 301 に書かれている。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Hacker Skills: Modem Control at the Direct Level” に書かれている。
@ 目的 @
– 各プレイリストの最初に曲を8回挿入する。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ16 Emerson’s Guide – Streetmarkets GiS Database *
@ 説明 @
– 各ホストにはレストランと星 1 から星 5 までの格付けのリスト (file 200) が書かれている。LAST STOP on Eddy Street が登録されているリストを見つけ出し、その格付けを星1から星5に書き換えなさい。
– file 300 に対象のレストランの名前とGiS 格子の位置が書かれている。はじめの座標は何回東に移動するかを示し、二つ目の座標は(値が正なら)何回北に移動するか、もしくは(値が負なら)南に移動するかを示している。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Network Exploration: Geographic Information Systems” に書かれている。
@ 目的 @
– レストランの格付けを星 5 に変更しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ17 Valhalla – Hacker Battle *
@ 説明 @
– この戦いで勝つためには、可能な限り長くホストを多数支配下におく必要がある。
– ホストを支配するためには、#CTRL レジスタに任意の値を書き込むこと。
– #CTRL レジスタを読み取り、あなた (1) か相手 (-1) かが対象ホストを支配していると見なす。
– 各サイクルごとに相手よりも多くのホストを支配しているのであれば 1 ポイントを獲得する。
– あなたの EXA が kill を発行することで 1 ポイントを失う。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Hacker Battle Domination” に書かれている。
@ 目的 @

* ステージ18 Mitsuzen HDI-10 – Left Hand *
@ 説明 @
– 中継の必要がある3つの神経信号が存在する。それは、中央神経システム (CNS) からあなたの腕 (H) を動かす制御信号で、各々別の値を持っており筋肉制御 (M)、温度(H)、圧力 (P) の3つである。
– 各信号は、神経から入力された値を読み出力先まで中継する必要がある。それを繰り返しなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace) の必要は無い。あなたの EXA は、無限に動作する必要がある。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Debugging the Phage” に書かれている。
@ 目的 @
– 全ての神経信号を指示通り42回コピーしなさい。

* ステージ19 SAWAYAMA WonderDisc – Drive Controller *
@ 説明 @
– 通常は SSEA 地域のみでプレイ可能な WonderDisc を どの地域でもプレイ可能な状態に変更しなさい。(訳注:どうやら SSEC を SSEA に書き換えるという依頼の模様)
– SSEA 地域のコードは file 300 に書かれている。
– 痕跡を残さない (leave no trace) の必要は無い。あなたの EXA は、無限に動作する必要がある。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Hardware Hacks: Sawayama WonderDisc” に書かれている。
@ 目的 @
– Buffer に要求されたファイルを30回コピーする

* ステージ20 Alliance Power And Light – Streetmarts GiS Database *
@ 説明 @
– 送電網にある変電所で指定されたホスト名 (file 300) に書かれている 2 つのホストを見つけ、#POWR を 0 に書き換えることで電力供給を切断しなさい。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Network Geographic: Information Systems” に書かれている。
@ 目的 @
– 対象の変電所の電力供給を2回切断しなさい
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ21 Deadlock’s Domain – Hacker Battle *
@ 説明 @
– この戦いで勝つためには、中央のホストに生み出されファイルを掴み、自分のホストに持ち替える必要がある。
– #FILE レジスタを読み込むことでそのホストで作成された最新のファイル ID を確認できる。
– 各ファイルを自分のホストに持ち替えることで 1 ポイント獲得できる。
– あなたの EXA が kill を発行することで 1 ポイントを失う。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Hacker Battle Domination” に書かれている。
@ 目的 @

* ステージ22 Extreme League Baseball – Player Database *
@ 説明 @
– エクストリームベースボールプレイヤー (file 200 – 299) のファイルが置かれた active と penalty のホストがある。active と penalty ホストに存在するファイル ID が書かれたファイル (file 199) もそこに存在する。各プレイヤーのファイルは、以下の要素で構成されている。名前, BA, ZA, APB, WRT, OI, OD, PC, PS
– Ember-2 のアルゴリズムをつかって最も高い数値(スコア)となるプレイヤーの名前を書いたファイルをあなたのホストに作りなさい。
– スコア = (BA+ ZA + APB) / 3 + (WRT * OI) / OD + (PC – PS) * 20
– penalty ホストに存在するプレイヤーは無視すること。現在、ゲームから排除されている。
@ 目的 @
– 指定されたファイルを自分のホストに作りなさい。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ23 King’s Ransom Online – US West Realm *
@ 説明 @
– 全ての城と関連建物の所有権をまだ建物を所有していないプレイヤー ID である P00000(File 300) に初期化しなさい。 目撃者がいない事を保証するため、ファイルを書き換える前に自分以外の全ての他の EXA を終了させることで他のプレイヤーの接続を切断する必要がある。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Network Exploration: King’s Ransom Online” に書かれている。
@ 目的 @
– 自分以外の全ての EXA 14台を終了させる。
– 各建物の所有権を26ヵ所初期化する
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ24 KGOG-TV – Satellite Uplink *
@ 説明 @
– 方向 (#azim)、標高 (#ELEV)、周波数 (#FREQ) を対象の衛生になるように衛生アンテナを正しくしなさい。テレビ局の暗号鍵 (file 199) を使用して暗号化した後、Ember-2 のビデオ (file 301) からデータを送信しなさい。
– 対象の衛生の方向 (#azim)、標高 (#ELEV)、周波数 (#FREQ) は file 300 に書かれている。
– データを送る前に衛生アンテナを正しくする必要がある。
– もっと詳細な情報は、2冊目の pdf の “Lock to the Stars with Satellite Uplink Systems” に書かれている。
@ 目的 @
– 対象の衛生に合うように衛生アンテナを正す。
– Ember-2 のビデオを暗号化してから送信する。
– 痕跡を残さない (leave no trace)

* ステージ25 Equity First Bank – San Francisco ATMS OOFLINE *
@ 説明 @
– checking に Ember-2 の新しいアカウント (file 300) を移動する。
– ディレクトリ (file 199) に記載されている当座預金口座に記載順に対象の口座から Ember-2 へ $1.00 を送金する処理を繰り返す。
– CREDIT と DEBIT の文字列は file 301 に書かれている。
– もっと詳細な情報は、1冊目の pdf の “Network Exploration: Equity First Bank” に書かれている。
@ 目的 @
– Ember-2 の口座ファイルを導入する。
– Ember-2 の口座にお金を預ける。
– 他の口座からお金を6回取り出す
– 痕跡を残さない (leave no trace)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)