トゥルネー 感想文

トゥルネー』- Tournay
2011 年発売。対応人数 2 – 4 人。都合 1.0 – 1.5 時間。

特殊効果のあるカードを使った拡大再生産系のゲーム。言語依存無し。
慣れないとアイコンがかなり分かりづらい。

どうしてもこのゲームの感想を書こうと思うと長くなってしまう。

『トロワ』のデザイナーが再結集して作ったゲームらしい。確かに、似ている部分も多い。運要素は『トロワ』より高い方でインタラクションもそれなりにはある。

ゲームの例を沢山出す事になってしまうのだが、『サンファン』や『レースフォーザギャラクシー』に代表されるような自分の場にリソースを生み出す環境を構築していくカードゲームである。また、後発の『宝石の煌き』にも似ていて場のカードがレベルに分けてある程度並んでいる。他には『トロワ』にあったような他のプレイヤーのワーカーのレンタルや全員に共通で発生するマイナスイベント等。

言語依存がない代わりに全てカードのアイコンで表記されているのだが、とにかく分かりにくいアイコンで書かれており全カードの日本語訳でのサマリーが必須というレベルで分かりにくい。

慣れてしまえば一目で相手の場が確認できたり、手に入れたカードの効果もすぐに分かるので良いのだが、初回プレイの敷居はかなり高いゲームとなっている。初めてのプレイではカードの効果の付け合わせが発生するので時間がかかってしまうだろう。

ダウンタイムが長くなりがちなので 2 – 3 人が良いかもしれない。

ゲーム内の様々な制限も少々分かりにくいゲームなのでおそらく初回は誤ってプレイしてしまう可能性が高いと思われる。このゲームに関してはルールを良く読んだ方が良いと思う。これは、言語依存を徹底して無くしているのでカード内にテキストがない。そのため、誤りが発生しやすくなってしまっている様な気がした。

それと、ゲームの終了条件も少々分かりにくいデザインだ。(笑)

まー、色々と分かりにくいゲームである事を自覚してか、初級ルール、上級ルール、拡張カードセットと選択式のゲームとなっている。

『トロワ』からのルールの流用だと思われる人のコマを買い取って利用可能とするルールが追加されている。常に一定額で利用可能なので、人のコマを良いタイミングで利用することが結構重要になってくるゲーム
ではある。そういう意味では、いやらしいゲームだ。

長々と煩雑な部分を書き連ねてしまったが、良くできたゲームではある。

各カードのバランスも破綻していると思われるカードは無さそうだと思うし、三色あるカードの強弱も良くできている。特定の色が強いと言う事は多分無いだろう。若干白が強い様に感じるかも知れないが、他の色
のカードも十分に有用だと思う。

ただ、基本的にカード間のシナジーを発生させるゲームであるので、人物カードがキーになる事は確かである。

他のプレイヤーを攻撃する様なカードもあるのだが、それを中心にゲームを組み立てても勝利は難しいあたりも良い調整だ。

カードのデザインは少々特徴的でレベル1、レベル2、レベル3 と分かれていて 1 と 2 はゲームのプレイを有用にする効果のカードである。レベル 3 はボーナス点のみとなっている。1 と 2 に関しては、同一のカードの効果は 2 がコストに反してかなり強めに設定されているので、2 のカードを上手く使う事が重要に思えた。

1 と 2 のカードは大きく分けると人物と建物に別れている。建物に関しては、カードを配置するだけでは効果が利用できず手持ちのコマを使って活性化する必要がある。普通の特殊効果のあるカードゲームであれば、プレイするだけで効果が利用出来るのであるが、さらに 1 ステップ必要なのである。

3 に関してはボーナス点のみであるが、他のプレイヤーにも弱いボーナス点を与えてしまうので、相対的な差が有利になるようにカードを配置する必要がある。そのあたりは今までになかったタイプではあるが、や
っぱり考える要素が煩雑になってしまう側面がある。

初級と上級に関して記載すると、初級は比較的短時間で終わるがレベル1 のカードの利用頻度が少し下がってしまう面がある。上級の場合は、全てのカードが機能するものの後手番のプレイヤーが 1 ターン目にかな
り不利になってしまう様に感じた。それと、プレイヤーの利用するコマの拡充に時間がかかるので、それに関するボーナスのウエイトが下がってしまう様に感じた。

拡張のカードは、特徴的なカードが多いものの既存のカードと差し替える事になるので資金周りが難しくなってしまいプレイングが良くも悪くも難しくなる傾向に感じた。ただし、面白い効果のカードが多い。

色々と分かりにくく回りくどいゲームだ。それは確かで、あまりプレイされているのを見かけないゲームの一つである。

それにカードの種類が多いので、繰り返しプレイ前提のゲームである。要素が分かってくるとかなり良くできたゲームだとは思うのだが、それまでプレイされるのか? と言われると少々敷居が高い気もする。

個人的には結構気に入っているゲームで 30 – 50 回程度はプレイしている。色々な要素はもう少しシェイプアップ出来そうな気もするが、得点バランスも良くかなり良くできたゲームだ。スルメゲー。

参考URL:
トゥルネーについて諸々語るラジオ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)