ケベック 感想文

ケベック』- Quebec
2011 年発売。対応人数 2 – 5 人。都合 2.0 – 2.5 時間。

古典的な陣取りにモジュラータイルとワーカープレイスメントによる様
々な特殊効果を加えて味付けしたタイプのゲーム。特殊効果を上手く使
うような派手なタイプのゲームではなく、質実剛健なタイプのゲームだ。

また、本当に少しだけ言語依存がある。全体的なデザインは近代風のボ
ードゲームだと思う。

運の要素が極端に少ないのでおそらく長考してしまう部分がある。長期
的な視野での得点を獲得する方法とラウンド毎の短期的に得点を獲得す
る方法が混在していて、ラウンド毎に状況が変わってしまうのでなかな
か歯ごたえのあるゲームだと思う。

ゲームの根幹となるシステムも少々ややこしく、ワーカーを配置した時
に発生する効果も相互作用があるのでやっぱり難しい部類のゲームだと
は思う。

ちなみに、陣取りを行う上で相互協力が必要な要素はなかなか良いシス
テムだと思う。険悪にならない程度のインタラクションは好みである。

システムに甘えがないので得点差がついてしまった場合の挽回がかなり
難しい側面がある。ゲームとしては良くできていて面白いとは思うが、
何度もプレイするほど体力が持たない気がする。私は、もう少しライト
な方が良い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)