レースフォーザギャラクシー: エイリアンアーティファクト

レースフォーザギャラクシー: エイリアンアーティファクト(Race for the Galaxy: Alien Artifacts)
20140204_01.jpg

ついにねんがんの エイリアンアーティファクト をてにいれたぞー。

と言う事で、発売まで約 3 年の期間を要した新拡張を入手したのでレビューを書くことにした。少し説明的になってしまうかも知れないが書ける範囲でまとめておくことにする。

まず、この拡張はとても良い拡張だと思う。少し長くなってしまうと思うので、以下のような項目で進めていくとする。

1. 拡張の概要
2. ルール
3. コンポーネント
4. 新カード
5. オーブゲーム
6. まとめ

1. 拡張の概要
レースフォーザギャラクシー:エイリアンアーティファクト(長すぎるので AA と略す)は、既存の拡張(GS, RvI, BoW/※1)と一緒に利用する事はできず、基本セットと AA のみを組み合わせてプレイをする拡張となっている。

大きな変更点は、2つあり “新カードの追加” と “オーブゲームの追加” となっている。それぞれの要素は異なる拡張であるため、新カードの追加のみでプレイ、もしくはオーブゲームのプレイ(結果的には新カードの追加も含む)と2つのゲームをプレイすることができる。

また、細かい内容になってしまうが 5 人目のアクションカードのセットも付属している。

2. ルール
ルールは比較的平易で良くまとめられている。既存のルールブックと比較すると、端折って記載されているヵ所がいくつか見受けられるので、ページ数節約のためと私は考えている。

既存の拡張との比較もこちらで触れておくことにする。

GS で導入されたゴールタイル、RvI で導入された占領ルール、BoW で導入された威信及び威信/探索ルールは全て撤廃されている。また、細かい内容であるが、ソリティアゲーム/ドラフトルールも無くなっている。
つまり、オーブゲームは独立した内容であるが、カードの追加のみに限っては基本セットに忠実なルールとなっている。ただし、RvI で導入されたスタートワールドのセットアップ方法だけ転用されている。

日本語訳こちら

3. コンポーネント
コンポーネントはカードが約 100 枚とオーブゲームのプレイに必要な木駒、厚紙打ち抜きのトークンで構成されている。既存の拡張から考えると内容物は多い方だろう。ただ、その分値段にも反映されている。
気になったのは、入れ替え用 Gambling World カードが同梱されていないことである。レーマン曰く Gambling World は基本セットのカードを使え との事なので、少々残念ではあるが予算の関係からか仕方のないところである。

新カードは、スタートワールド 5 枚、ディベロップ 20 枚、ワールド21 枚の計 46 枚となっており、基本セットと組み合わせると RvI よりやや少ないぐらいの山札となる。
レーマンご自慢のスペースミープル(調査チーム駒)は、出来がすごくいいというほどではないのだが、少々変わった形状をしているのは確かである。

4. 新カード
ここからは実際のゲームに関する内容に触れていくことにする。まず、新カード全般に関しては良くバランス調整がされているように感じるので、新カードをプレイすることが必ずしも良いとは限らないような印象を受けた。その方が、基本セットのカードとの兼ね合いがあるので良いと思う。

新カードは全般的に基本セットの強化版もしくは能力をアレンジしたカードが多いので比較的分かりやすく、混乱の起きにくいカードが多い様に思えた。

スタートワールドに関しては、奇数番号(赤/軍事)はすべて軍事力 +1 以上を持っているので、軍事スタートでプレイを行おうと考えた場合でも早い段階で詰むことが少なくなっているように感じたので良い調整が効いていると思えた。

新しく導入された 6Dev に関しては強すぎることはなく、既存の方針で弱かった方針を補強する役目のカードが多く導入されている。少々使いにくいカードについては新 6Dev で個別にボーナスが付与されているので、そのカードをプレイする価値が出てきたと言える。

また、元々強かった青/茶に関しては大きな変更はなく、順当なカードが多い、緑/黄に関しては得点源となりうるカードが多めに導入されているのでプレイはかなり楽になったと言える。話が戻ってしまうが、軍事に関しては全体的に見通しが良くなりカードの解決が簡素(正確には基本に忠実な)になったので、分かりやすくなったので良かった。

というのは、Space Mercenaries(GS で導入されたカード) に代表されるようなカードの支払で一時的に軍事力を高めるカードが無くなった事と、Imperium Cloaking Technology (RvI で導入されたカード) のような通常のワールドを軍事ワールドとして解決する効果が無くなった為である。

つまり、軍事を通常のワールドと見なして支払で解決する事は出来るのであるが、逆はできないように今回の AA では変更されている。内容を整理すると、軍事は単純に軍事力が必要となり、通常のワールドはコストの支払で解決すると言うものとなったので、全体的な見通しが良くなったと言える。

また、ルールを越えたルールを適用するカードが無くなったことも大きな変更点と言えると思う。Pan-Galactic Resarch (RvI で導入されたカード) での手札上限の変更、Hidden Fortress (RvI で導入されたカード) でのゲームの終了条件の変更、Psi-Crystal World (BoW で導入されたカード) でのアクション選択ルールの変更、Retrofit & Slavage, inc. (BoW で導入されたカード) の手札上限を超えたカードの取り扱いの変更等々そう言ったカードが存在しなくなったので、ゲームの運用が楽になったと言える。

とはいえ、特殊カード中心のゲームであるで今までになかった変わった効果を持つカードもそれなりに導入されている。それは、既存のプレイスタイルとは変わった方針を試す事が出来るので新たな作戦でゲームに挑むことも出来る様になっている。

個人的に気になったのは、Reserch Labs (基本セットのカード) の相変わらずの弱さである。エイリアンのカードがプレイしやすくなったことから相対的に強化されたと言う事であろうか?

5. オーブゲーム
オーブゲームに関しては、カードの配置ルールが初見では分かりづらく、また、プレイ順を決めて解決を個別に行っていくのでレースフォーザギャラクシーの良さの一つである同時解決アクションが途切れ途切れになってしまう側面がある。そのため、テンポが少々悪い。慣れていない場合は、大体 1.5 – 2.0 時間程度要すると思われる。

オーブゲーム自体は、今までのルールとは全く異なったルールであるため、新たな方針でゲームをプレイする必要が出てくる。であるから、使用するカードも基本のゲームとは異なったカードをプレイするようなケースが多い様に感じたので、作者は新しいゲームを提供したいのだろうな と言う様に思えた。

オーブカードはプレイスペースを非常に多く占有するため、ある程度広いテーブルでプレイする必要がある。
テーマ(エイリアンの遺物を調査して発見する)としては面白いのであるが、ゲームのプレイが冗長になってしまう事と、発見して獲得する事となる遺物トークンが完全に運任せになってしまうので、気になる点が多いゲームシステム と思えた。

つまらないゲームではないのだが、オーブゲームを1回プレイする間にカードの追加ルールであれば 2-3 回程度プレイ可能と思われるので、気分転換にプレイする程度のもので、メインでプレイするのはなかなか難しいように思えた。劇的に改善するようなルールが導入されれば別ではあるのだが…

6. まとめ
AA は、カードの追加に関してはとても良く調整されており、今までのレースフォーザギャラクシーの拡張セットとは異なる方針を試す事が出来るので、とても面白いゲームとなっている。カードの解決が比較的簡
素であるにも関わらず、既存の拡張セットとは異なる効果が盛りこまれているので、レースフォーザギャラクシーを再度新鮮な気分でプレイすることも出来ると思う。

既存の拡張セットのルールを全て切り捨てたことによって基本セットに非常に忠実なゲームとなっている。であるので、ある程度レースフォーザギャラクシーに慣れたプレイヤーであればすぐにカードの効果は理解できるであろうし、新規のプレイヤーに対してもかなり敷居が下がったとも思えた。そして、何よりとても面白い!

オーブゲームに関しては、プレイ回数が少ないので未知数な所も多いがやはり冗長になってしまうのが少々残念といえる。ゲーム自体は決してつまらないゲームではなく、面白いシステムだとは思う。
発売まで長く待たされたゲームではあるのだが、手堅く纏まっていて良い拡張と思えた。

新カードの効果については全く触れていないが、それは次回もしかしたら投稿するかもしれません。

参考URL:
RftG の過去の拡張について[AA と #arc1 を混在させる場合]
Race for the Galaxy について[#arc1 についてのまとめ記事]
BGG: Explaining the Placement of Orb cards[オーブゲームでのカードの配置方法]

※1 過去の拡張(まとめて #arc1 と呼ぶ)
GS=The Gathering Storm
RvI=Rebel vs Imperium
BoW=The Brink of War
今回の新拡張(#arc2 と呼ぶ)
AA=Alien Artifacts


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)