ヨーロッパのボードゲーム事情について

ヨーロッパ旅行から帰国後、自宅で録音しました。30分 (28MB)

 

内容的にも問題無いので、公開します。冒頭部分は、プライベートで
公開した旅行全般に関わるところなので無視してください。あと、台
本無しで記憶で話していますので、記憶間違いがあります。編集はし
ていないのと、一発録りです。ボードゲーム価格は、現地の方が相当
安いですね。

旅行中購入したゲームリスト:
ドイツで買ったもの
『Ubongo Trigo(ウボンゴトライゴンミニ)』、『Einfach Genial(ゲニアール)』=>2 個で 10Euro
『Quo Vadis?(クォ ヴァディス)』=> 16Euro
フランスで買ったもの
『Equilibrion(エクィリブリオン)』、『Hanabi(花火)』、『Call to Glory(コールトゥグローリー)』=>全部で 42Euro

録音で触れたゲームショップリスト:
GALERIA Kaufhof
20121219_01.jpg

コブレンツの漫画的なショップ
20121219_02.jpg 20121219_03.jpg 20121219_04.jpg 20121219_05.jpg

LE DAMIER DE L’OPERA
20121219_06.jpg 20121219_07.jpg 20121219_08.jpg 20121219_09.jpg


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)