3D 版 カルドセプト

1 週間ほどプレイしているが、かなり良い出来だと思う。

DS 版をプレイしていないので、3DS 版ではちょー手軽にオンライン対
戦できるところがすごく感動した。大学の頃は家に集まってプレイして
いたので。あの頃、身内プレイではアンダインがかなり猛威をふるって
いたなぁ。

3DS 版のバランスはまだ良く分からないけど、『2nd EX』での理不尽
なカードが無くなっていて、全体的にマイルドな調整になっている模様。

火がやや辛いように思えるが、新能力 “雪辱” を備えたエクストルの活
躍次第か。ちなみに、私は無+水+地(サポート)、無+風+火(サポート)、
無+地+風(サポート) という感じの 3 ブック作成。火メインのブックは
作っていない。やっぱり構成が難しいと思う。

今回は無効化やステータス青天井のクリーチャーが結構多いので、攻撃
力のみの脳筋? 火ブックは扱いがなかなかねぇ。アイテムで XX 無効化
も多いしなぁ…序盤は攻撃力の高さを生かしてなんとかなりそうなので、
最終的にはブックの練り次第か?

さて、私の愛用の風ブックを公開。

ブック名:ロマン
クリーチャー:[計19]
ニンジャx1、バルダンダースx3、コンジャラーx2、ガルーダx3、スペク
ターx3、テングx2、ナイトx1、ホーリーラマx3、ミルメコレオx1
アイテム:[計6]
ウィンドシールドx1、グレムリンアムルx1、ファルコンソードx1、ブー
メランx1、フュージョンx1、ヘルブレイズx1
スペル:[計25]
インフルエンスx2、エクスプロードx1、エスケープx2、クインテッセン
スx1、セプトx1、チャリオットx1、ドレインマジックx1、ファインドx1
、フライx2、プロフェシーx1、ヘイストx3、ホープx2、ランドプロテク
トx1、リフォームx1、リベレーションx2

特攻隊長のバルダン、スペクターの 2 大巨頭で困った時にロマンアタッ
クを決めるブック。テング+フュージョンで一発逆転もある。

序盤は、風の土地の 2 個確保をめざし、中盤からガルーダ(攻守両用)、
テング(攻めのみ)を使って展開していく。また、チャリオットがキモに
なる事が多い(ブックに復帰するので終盤連投出来る)ので、巻物とブー
メランは捨てずに取って置く。おそらく、それなりに戦闘回数は多いは
ずなので。ナイトは保険用でほぼお守り。

ドローサポートは色々悩んだ結果、今の構成に。プロフェシーx3、ファ
インドx1でも良いかも。ややギャンブルだがプロフェシーでファインド
を引けるとかなり展開が楽だろう。とりあえず、汎用性を重視してホー
プを 2 枚とした。ファインドは『2nd EX』の G40 から『Saga』の
G20 に変更されているので、抜群に使いやすくなった。

サポートはコンジャラーを採用。バアルまで育てるのに 120G かかるも
のの、好きな空き地にバアルを配置出来るのは驚異的な性能。高 Lv 空
き地の突然確保を行って漁夫の利を狙えたり、重要な風の土地の確保、
次のターンにチャリオットで一発狙いとネタは事欠かない。

足スペルは、ホーリーワードはあえて無しで、ホーリーラマで対応する
作戦にした。良い感じにラマ+フライが決まれば、そこそこ安定した周
回速度をみせるが、もう少し練りが必要か。素直にホーリーワード8で
良いかも知れん。

リフォームの対象は、テレキネシス、デスクラウド(あまり見かけない
が/笑)が有力候補、次点で超強い攻撃アイテム(ボーパルソード、パワ
ーブレスレットとか)かなぁ。守りは、やや不安要素が多いので。

残念なのは地変のウェザリングがまだ手元にないこと。あとはミルメコ
をリストラして、ガルーダかスペクターで良いかも。

最後に参考 URL:
Culdcept Wiki
カルドセプト3DS Wiki


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)