王への請願

王への請願(To Court the King)
To Court the King

2006 年 Amigo から発売。トム・レーマン作。ダイスで役を作る手軽な
ゲーム。プレイ人数 2 – 5 人。30 – 45 分前後でプレイ可能。言語依
存ほぼなし。

私の所有しているのは、Rio Grande Game 版で英語のもの。ベストは、
2 – 3 人だろう。ほぼソリティアゲームな上、相手の手番は待ち時間な
ので、人数が増えれば増えるほど待ち時間が増大していく。おそらく 5
人はかなり危険な気がする。(未プレイ)

ゲームの流れは、以下のような感じ。
1.手持ちのダイスを全て振る。
2.少なくとも1個(複数可)は確定済みのダイスとして取り除く。
3.残りのダイスを振る。
4.2に戻る。

全てのダイスが確定した後、完成させた役を宣言する。役は、ダイス目
が 2 つ同じ (例[6,6,1])、全て奇数 (例[1,1,3])、ダイス目の合計が
15 以上 (例[6,5,4]) 等、まぁ色々ある。

役が完成した場合は、その役職カードを受け取る事が出来る。次手番か
ら役職カードを使う事が出来る。能力は、ダイスを 1 個増やすとか、ダ
イス目を +1〜+3 出来るとか、2 つのダイスの合計値が同一になるよう
にダイス目を操作する ([1,5]=>[3,3]) とか、そう言うのだ。

とりあえずの目標は、国王の役を完成させること。国王の役は、ダイス
目が 7 つ同じになる事。ちなみに、スタート時の手持ちダイスは、3
つだ。なので、序盤は難易度の低い役を完成させていき、ダイスを増や
しつつ、国王の役を完成させることを目指す。

ダイスを増やす事は勿論大事なのだが、ダイス目操作が無いと安定しな
い。ただし、ダイス目操作ばかりでは強い役 (沢山のダイスを使った役)
が作れないので、その辺りのバランスを考えながら役を完成させていく。

そんなことを繰り返しながら、国王の役が完成した後、全員でダイスの
勝負を行う事になる。(※突然マルチ要素が出てくる) 目的は同じダイス
目を沢山作ること。ダイスの数が一緒なら、揃えたダイスの値が大きい
方が強い。

今までに獲得した役職カードの能力を総動員して、皆で一騎打ちなので
ある。終盤はダイスを大量に振るので結構盛り上がる。また、かなり運
に左右されるので、その辺りが楽しめれば良いゲームと言える。

それと、領主は圧倒的に強すぎるので”領主弱体化バリアント” は適用
した方が無難かも。

領主弱体化バリアント:王への請願のルール補足

そんなに戦略性があるわけでなく、ダイスを大量に振るとか、能力を使っ
て強引に役を完成していくのが単純に楽しい。ちなみに、個人的にはかな
り気に入っている。

リメイク職人トム・レーマンのダイスゲーム。おそらく…『ヤッツィー
が元ネタなんじゃないだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)