カエサルとクレオパトラ バリアント

また、BGG からの翻訳。『カエサルとクレオパトラ』のバリアント2種類紹介。

カードデザインは良いのだが、オリジナルルールだとかなりゲームバラン
スが悪い。いや、マジで。2 種適用することでバランスがかなり改善され
そう。ちなみに、私の試した範囲だと 2 枚伏せバリアントは相当良い。祭
日チケットは試していないけど、近日テスト予定。想像するには、バラン
スが良くなりそう。

元ネタ:http://www.boardgamegeek.com/filepage/51044/caesar-cleopatra-variants

裏向きにセットをすることが稀なので、有効な作戦にするバリアント。
*** 2 枚伏せバリアント ***
手札のカードをプレイする際は、以下から選択する。
 (1) 行動カード 1 枚 + 影響カード表向き 2 枚 (行動カード 0 枚も可)
 (2) 行動カード 1 枚 + 影響カード裏向き 1 枚 (行動カード 0 枚も可)
 (3) 行動カード 0 枚 + 影響カード裏向き 2 枚

祭日カードをめくってしまった場合、不利すぎるためバランス調整バリアント。
*** 祭日チケットバリアント ***
事前に公式ルールのバリアントの1つ、ゲーム開始前に祭日カードを 1 枚抜くを適用する。
更に、以下のルールも追加する。
祭日カードがめくられた時、そのプレイヤーは以下の 2 つのオプションのどちらかを選択出来る。
 (1) 通常通り祭日の効果を適用し、”祭日チケット” を受け取る。
 (2) 事前に獲得済みの “祭日チケット” を返却し、[祭日(混ぜること = 赤でBITTE MISCHEN!)が書かれているなら、最初に適用してから]次の信任決議カードをめくる。

※訳注1:公式ルールのバリアントを両方適用しても成り立つと思います。
※訳注2:祭日チケットは適当なトークンの方がゲームの運用が楽かもしれません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)