ウボンゴ エクストリーム

ウボンゴ エクストリーム(Ubongo Extrem)
Ubongo Ex

2007 年 Kosmos から発売。グルゼゴルツ・レヒトマン作。ソロプレイが前
提のパズルゲーム。プレイ人数 2-4 人(1人でもいける)。30 分前後でプレ
イ可能。また、言語依存は無い。

ルールは恐ろしく簡単で、毎回お題が与えられるので時間内(砂時計付属)
に手持ちの所定のピースを使って問題を解く。それだけである。時間内に問
題が解けた場合は、宝石が獲得出来る。1 位なら 3 点の宝石とランダムに
袋からくじ引き (1 – 4 点が入っている) を行う。2 位なら 1 点とくじ引
き。それ以外は、時間内に解ければ 1 回くじ引き出来る。時間内に解けな
ければ、何もない。

問題を解く => くじ引き を 9 ラウンドこなして、最も得点の高い人が勝ち
というゲームである。ただ、このゲーム、得点方法はかなり運の要素が強い
ので、勝った負けたは後付けな気がする。それと、『テトリス』や『ぷよぷ
よ』のようなパズルゲームなので、絶対に勝てない人が出てくる問題を孕ん
でいる。その場合は、各人で難易度調整を行う様なバランスになっているよ
うだ。

解く問題は、3 ピースを使うボードと 4 ピースを使うボードがある。また、
担当色によって同じボードでも使うピースが異なる様になっている。問題数
としては、問題ボード 54 枚 * 2 (表裏 / 3 ピースか 4 ピースか) * 4 (担
当カラー) = 432 パターンの問題数 ということでかなりのボリューム。さら
に、ピースは、1 – 13 まで番号が振られているのだが、10 – 13 はそれぞれ
担当色によって異なる形状をしているこだわりよう。おまけでついている得
点早見表も分かりやすくてヨイ。

ゲームとしては、『ウボンゴ』に慣れた人向けらしいけど、大人なので『ウ
ボンゴ Ex』ぐらいで丁度良いと思えた。ソロプレイなのだが、皆でプレイす
るとなぜか盛り上がる。問題が解けた時の開放感はなかなか清々しいものが
ある。問題を解くにはコツがあるようで、それが分かってくると面白くなっ
てくる。基本的には、使うピースで最もややこしい形状のパーツから攻めて
いくと良いみたいだ。

このゲームの素晴らしいところは、ルールが恐ろしく簡単で奥が(それなりに)
深いと言うところだろう。人数による依存も無いので、場合によっては途中
参加も可能だろう(適切な得点を持って参加すればよい)し、短時間で時間通り
収まるので調整用に使える。また、短時間にやたらと集中的に脳を使うので
終わった後、妙に心地良い気分になれると言う点も素晴らしい所だ。初めて
プレイした時には、全員に好評でとあるプレイヤーは速攻発注をかけていた。

ちなみに、ウボンゴシリーズであるが人気のようで色々なパターンで発売さ
れている模様。playgame:ウボンゴシリーズのリスト

また、ユーザーが作成した Crazy Expansion という 5 ピース使う拡張も出て
いる。(無料で pdf のダウンロードが可能)


ウボンゴ エクストリーム」への2件のフィードバック

  1. spookyさん、こんばんわ!

    この記事を読んで急にウボンゴEXが欲しくなり、注文しようと色々調べましたが、現在品切れ中でした。

    あ〜、遊びたいよ〜。

  2. こんばんは。

    私は amazon.de 購入しました。
    送料はたしか、14 ユーロ固定です。
    なので、いくつかゲームを頼むと安く済みます。

    今調べた所、amazon.com でも販売しているようです。
    こちらは、従量制ですがおそらく amazon.de より送料は安いはずです。

    国内でも『ウボンゴEX』で Google で調べると販売しているショップがあるみたいです。
    ただし、値段がかなり高い様です。

    ではでは。

かぶけん へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)