NAT TX-ERROR List Create Error

2年ぐらい気になっていた問題がやっと原因が判明した!

Steam でサーバー検索かけるとかなりの確立でネットに繋がらなく
なってしまっていたのである。原因不明で、かなり困っていた。

LAN カードは、M/B 付属の Realtek 製の安物であったので、思い
込みでコイツが悪いと判断していた。接続不安定になると、ルーター
再起動しか方法が無く、かなり面倒であった。

もしくは、Steam 自身の問題とか…これはさすがにないと思った。

今日も、不安定になったので気になって調べた所、結果的には、プロ
バイダからレンタルしている NEC のルータの NAT テーブルが溢れ
てしまっていることが原因らしい事が判明。以下のようなメッセージが
大量に書き込まれていてた。

2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.35 : 27036 (IP-PORT=6)
2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.24 : 27033 (IP-PORT=6)
2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.25 : 27054 (IP-PORT=6)
2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.21 : 27015 (IP-PORT=6)
2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.38 : 27040 (IP-PORT=6)
2011/04/02 19:35:55 NAT TX-ERROR List Create Error : UDP 192.168.*.* : 2267 > 68.177.101.48 : 27045 (IP-PORT=6)

で、NAT TX-ERROR List Create Error なのだが、なんと NEC の
ルータは、NAT テーブル限界に達した場合、過去の使用していない NAT
情報を開放しない仕様だそうで、ファームウェアの改修予定も無しだそうで
ある。

とりあえず、対処としては、NAT タイマー をデフォルトの 300(s) から
120(s) に変えることで改善するらしいので、変更しておいた。多少改善し
たようなしないような…そんな感じである。

しかし、Steam のブラウザでサーバー検索しただけで、ルータが負荷限
界まで行ってしまうとは…かなりショッパく残念な作りのルーターである。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)