ケイラス ほぼ最強伝説

ちょくちょくボードゲームをやっている。
で、昨日もやった。その前は、ひたすら『プエルト・リコ』と
いう中毒状態であった。自分の中でも『プエルト・リコ』の評
価が再度上がったのは確か。

BoardGameGeek評価の高いゲームはやっぱり面白い。

ケイラス
1 日に 2 回もやったので、異常に疲れた ^^;;
数ヶ月前に 1 回やった時は、ルール説明が恐ろしく大変であっ
た。ゲーム自体はスムースに進むので、やりやすいのだが要素
が多すぎて、良く分からないゲーム という印象だった。あと、
時間が 2.5 時間かかるのも、重い要因だったといえるが…
昨日、要望があったので『ケイラス』を立てた。やっぱりルー
ル説明は凄く大変で、しかも間違っているところもあった。説
明だけで、30分以上かかるゲームは、なかなか骨が折れる。
ゲームは 1 回やっていただけあって、割と全体的に見通しを立
てながら進める事が出来、良かった。なぜか周りのメンツに異
常に好評で 21 時から『ケイラス』をもう一度立てるという暴
挙に出る ^^;; 終電ギリギリまでプレイし終了。
我が家にあるゲームで『プエルト・リコ』並みに重厚なゲーム
だ。何度かプレイすると、その深みが見えてきて再プレイに耐
えうる好ゲームだと、自分の中でかなり評価が上がった。言語
依存性 0 で、ここまで奥行きのあるゲームを作ったのが素晴ら
しい。運の要素が初めの手番決め (それ以降は入札式) だけなの
で、プレイ数が増えた時に経験の差がもろに出そうなゲームで
はあるが、様々な要素が無駄なく絡み合う設計は、プレイして
いて作者の手腕に何度も唸らされた。実際、他のメンツもかな
り褒めちぎっていて、その日プレイしたゲームの中で一番話題
性に富んだゲームであった。イスタリのゲームもう 1 つ欲し
いなと思えるぐらい充実したゲームであった。

王と枢機卿
シャハトの 3 人ゲー? 絶版『チャイナ』というゲームで再販さ
れている。個人的には結構好きなゲームである。1 時間以内で
終わるし、ルールもシャハトらしくスマートで良い。
後半飽和状態になると、手詰まり感が強く負けている人がかな
り辛いのが少し残念ではあるが。アブストラクトゲームな感が
若干強いかも。劇的な場面はほとんどなく、結構淡々と進む。
得点計算がキモなので、上手く他人の領土に相乗りできるか、
枢機卿の議席を調整して他人と相互協力できるかと言うところ
が悩み所だろう。ライトな陣取りゲームとしては完成度は高い。

コロレット
シャハト 2 連発。
カードを引き取るか、めくるかそれだけのゲーム。シャハトら
しい、シンプルで悩み所があるゲーム。考えて戦略があるとい
うよりは悩んでいるだけなので、結局あまり考えてもしょうが
ないところがある。カードをめくるゲームなので、それだけ運
の要素が強い。つまらないかというと、そこそこ面白い。相手
を妨害するか、自分の利を取るか。そこに集約されるので、分
かり易いのが良い。時間も短時間で終わるので納得がいかなけ
れば、もう 1 回やれば良い。それぐらい軽い気持ちで出来る。
めくり系のゲームでは、会心の出来だろう。

ゲシェンク
点数計算をすると全員マイナスになると言う、非生産的なギャ
ンブルゲーム。すぐ終わるゲームで、あまり計算しても仕方な
いところがあり、運の要素もそこそこ強いので、息抜きや重い
ゲームの後にサクッとやるのには良いゲーム。個人的に気に入
っている。資金がショートした時にカードを引き取る時のやる
せなさと言ったら、もうっ…

ゴキブリポーカー
そろそろ飽きてきたかも…ゲームとして面白いか(勝ち筋を見い
だす面白さ)と言うよりも、人と人とのやり取りやリアクション
が面白い。そー言うコミュニケーションツールなのかもしれん。
初心者の食い付きは良いと思われる。

はげたかの餌食
バッティングゲーム。カウンティングである程度は場を制御で
きるが、どうしようも無い部分があるので、適当にプレイする
のが良いと思う。ルールの妙というか、アイディアが光る一品。

ゲームやっている最中やたらと「Greed っすねー」という表現
が使われていたのが面白かった。依然プレイした $Greed とい
うダイスゲームの影響なのだが、かなりインパクトのあるゲー
ムだった。

参考 URL
いつも狙いはロンゲストロード(仮名): ケイラス


ケイラス ほぼ最強伝説」への2件のフィードバック

  1. ほうほう

    おもしろいのであれば、ぜひとも大阪でも立ててくださいなー

Spooky へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)