Xperia ray その後

とりあえず、何点かいじったのでまとめておく。

Th_for_locked_2011_xperia_installer_v1.6
Xperia 2011年モデル向け最適化パッチ。具合良い。

Boot Looder Unlock
Omnius_for_SE で実施したが、思ったより簡単だった。paypal 必
須っぽい。費用は 2000 円弱。DoCoMo ショップに持っていくと、
3150 円かかるので安く済んだので良しとする。SIM フリーになっ
たので、若干予定中の海外旅行第二弾 (かなり短期) でも海外 SIM
を利用できるかテスト予定。
電話で*#*#7378423#*#*と押し、「Service info」→「Configuratio」
で「RootingStatus」が「Yes」ならばアンロック完了済み。

Kernel 書き換え
Kernel 書き換えは、コマンドラインだけでなく Flashtool でも簡単
にできる。

結局で、以下の構成になった。
DoCoMo純正ROM(2.3.4) + 純正kernel + root 化
+ SIM & Boot Looder ロック解除 +
IIJmio高速モバイル/Dサービス + 050 plus で月額 1260 円で
運用中。

出先でのネット接続はやや重いなと思うものの価格を考えれば十
分といえる。通話は音質がやや難ありだが、意思疎通は十分可能な
のでこちらも問題なし。やはり、月額費用が安いのと、2 年縛りが
ないため端末を自由に選択できる所が大きな魅力。

データ通信専用 SIM で起こるセルスタンバイ問題は、root 化で解
決する。ただ、android なのでバッテリー消費が iPhone に比べて
激しいので予備バッテリーを発注した。amazon で 700 円であっ
たので、まぁ良しとする。使用感はテスト後、記事にするかも。

海外利用に関しては、基本的に海外は WiFi 環境が発達しているた
め無料 WiFi スポットが多かったので、データ通信 SIM が無くと
もあまり問題は無かった。不安な場合は、海外利用可能なポケット
WiFi を契約して持っていくという手があるが、手持ちのスマホを
SIM フリーにしてしまい、現地で SIM カードを購入する方がコス
ト面では安く済むだろう。(ray のような国際モデルが利用可能周
波数が広く安心感があると思われる)

Kernel の書き換えは、試したがどうもバッテリー消費が激しいので
元戻しした。2011 xperia 用 Tweaks &modules installer はかなり
良かった。元の環境よりはかなりサクサク動く様になったのでこの
辺が限界っぽい気がする。Link2SD は神アプリ。
ICS(android 4.0.4) は、シングルコア の ray だとやっぱり辛い。
root 化が一番恩恵が大きかった。

その他に以前行ったのは、以下の記事を参考に。
Xperia バージョンアップ手順


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)